通勤通学で疲れやすいのは痩せ型のせい?十分な栄養摂取ができていないと満員電車は危険です。

通学や通勤で疲れを感じる人は多い。郊外から都心に通う電車のような満員電車に乗ると「この人大丈夫かな?」と思うぐらい顔色の悪い人も見かける。

電車の中、あるいはバスの中で疲労感を覚える原因はいくつかある。疲れは一つの原因のせいで生じるものではなく、複合的な要因が重なって悪化するもの。

睡眠不足、満員電車という悪環境、朝ごはんを十分に食べていない…人によって疲れを感じる原因は様々だ。その中でも今回注目したいのが体力低下による疲れの感じやすさ。簡単に言い換えるなら、痩せ型体質が原因となる疲れやすさだ。

思い当たる人も多いはず。平均より体重が軽く、少食、そもそも食べても太りにくいといった体型の人は普通の人よりも疲れを感じる人が多い。

今回は痩せ型体型だと、なぜ通勤・通学で疲れやすくなるのかその理由を分析した後に、疲れにくくなるための解決策をいくつか提案する。

痩せ型が原因で電車疲れを感じやすい?

痩せ型が電車やバスで仕事場に通うときに疲れやすくなる原因は、痩せ型が痩せ型な理由でもある。

簡単にいうと、痩せ型は十分に栄養を摂っていないから痩せ型になるし、疲れやすくもなるのだ。

栄養を摂らないと人は痩せ型になる

痩せ型というのは体質ではない。痩せ型というのは栄養を十分に摂れなかった日々が続いた結果である。詳しく説明しよう。

我々人間は、カロリー収支という1日の摂取カロリーと消費カロリーの過不足で太るか痩せるかが決まる。

摂取するカロリーが多ければ太り、摂取するカロリーが少なければ痩せる単純な仕組みだ。最近では糖質オフダイエットやカロリーオフダイエットが流行っているが、こうしたダイエットで結果が出やすいのは、摂取カロリーを制限しているからだ。

痩せ型の食習慣

痩せている人の食習慣を想像してほしい。朝ごはんはあまり食べず、お昼ご飯は普通、お菓子をつまんで、夜は普通かやや少なめ。だいたいの痩せ型はこんな偏食をしている。

人によってはたまにお昼ご飯や夜ご飯で大盛りご飯を注文するかもしれない。でも、それが毎日続くものではないので摂取カロリーが消費カロリーを上回ることはほとんどなく、その結果痩せてしまう。

「栄養を取る」のと「栄養を摂る」は別物

中には、「自分は人よりも食べる量が多く、痩せの大食いだけど太れない」そう主張する人もいるが、このページでこれまで栄養を「摂る」と書いていて、「取る」とは書いていないことに気づいただろうか。

そう。食事量が多ければいいわけではないのだ。

大事なのは口に入れた栄養を胃腸で栄養として「摂る」=摂取すること。大食いファイターが太らないのは基礎代謝が高いからではなく、口に入れた栄養が胃腸で栄養として摂られていないからだ。

痩せ型は胃腸機能が弱い。人によってはグルテン不耐症や乳糖不耐症などの食物不耐症を抱えている場合もある。

栄養をうまく摂れなければ痩せ型にもなるし、栄養をうまく摂れなければ栄養不足に陥り、体力や免疫力も低下する。栄養がなければ体は十分な力を発揮できない。

だから痩せ型は通勤・通学で疲れやすいのだ。

痩せ型が疲れを感じにくくなる方法は栄養摂取しかない

通勤・通学で疲れるからといって、栄養ドリンクだけをどんなに飲んでも根本治療にはならない。チョコラBBやモンスターのようなエナジードリンクは一時的に疲労感を軽減するようなタウリン・ビタミンCなどが含まれてはいるものの、あくまで対症療法でしかない。

つまり、本質的に疲れにくい状態に近づくためにはエナジードリンクを飲んでいては達成できないのだ。

こまめな栄養摂取が鍵となる

本質的な解決策はサプリメントやエナジードリンクではない。大事なのは普段の食事を普通に摂ることだ。

少食で食事をたくさん食べられないのであれば、小分けにしてもいい。

むしろ一度にたくさん食べて胃腸に負荷をかけたり、ビタミン・ミネラルを無駄にしてしまうよりも、数時間おきに少なくてもいいので何かしらの栄養素、特にたんぱく質・脂質・炭水化物の3つ(三大栄養素)を摂るべきだ。

サプリメントでビタミン・ミネラルを摂るのは三大栄養素をしっかり摂っていてこそ。どんなにサプリを飲んでも疲れが取れにくいという人は、三大栄養素を取れていないのだ。

こまめに栄養を摂って、最終的に自分の体重・身長・年齢にあったカロリーに到達できればいいので、1日3食決まったタイミングで食べる必要はない。注意すべきはブランクを作らないこと。

朝ごはんを抜いてしまうと体は10時間以上絶食状態になってしまうので、少量でもいいので何か栄養を摂る。

通勤・通学にはカロリーがかかる

福地崇生 (1976) 「東京の郊外人口分布と通勤問題」 『季刊理論 経済学』では、通勤にかかる消費カロリーを計算する式が提案されている(参考:混雑による以上カロリー消費量)。

詳しい数式は省くが、基礎代謝量、睡眠時間、覚醒時間、混雑による不快感増加から起こる筋緊張度と酸素消費量の上昇などを数式モデルに変換して、混雑時のカロリー消費量が高まることに注目している。

カロリーとはつまりエネルギー量のことである。そう。通勤・通学には普段以上に余分なエネルギーがかかるのだ。

経験談:自転車通学の消費カロリー

自分は高校生の頃、電車通学と自転車通学の両方を経験していた。自転車なら学校まで40分、電車なら45分〜1時間ぐらいかかる距離だったので、普段は自転車を使っていた。

中でも高校に入学したての頃、当時からかなり痩せていたので身長165cm体重40kg台前半ぐらいだったと思う。中学時代に部活でテニスをしていて、高校でもテニスを続けようと数日間の仮入部でテニス部を経験したところ、

  • 自転車通学(往復80分)
  • 新しい学校生活でのストレス
  • 放課後の部活

これら3つが合わさってダウンしてしまった。今思えばそれも無理はない。当時から少食だった自分は中学時代と同じ食事量(摂取カロリー)で消費カロリー過多な生活となっていたので、明らかにカロリー収支マイナスだった。

カロリーがどれほど大事なのか

自分とは違っていても、痩せ型の人が疲れやすいと感じるのは同じパターンである。通勤・通学や日中の仕事・勉強を通して消費するエネルギーに対して十分なエネルギーを摂取できていないから栄養不足状態に陥る。

痩せ型なのに、もしくはスキニーファット(太り気味だけど脂肪ばかりで筋肉はない)なら、カロリーを極端に抜くことだけは避けるべきだ。栄養調整・無駄な脂肪を落とす方法は分割食事法、たんぱく質メインの食事法、ウエイトトレーニングなど、いろいろあるのだから断食のようなことはしてはいけない。

痩せている人(筋肉のない人)にほどカロリーは必要なのだ。

まとめ:通勤通学で疲労を感じないためには食事

以上、通勤通学で疲れを感じやすい痩せ型に向けてこの文章を書いてきた。通勤通学の疲れ解消法は一般的に睡眠やストレス解消などが提案されがちだが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に必要なのは栄養の源である食事だ。

ここを抜きにしては疲れやすい体とは決別できない。痩せ型で体力がない人はまず、自分に必要なカロリーを把握して、栄養摂取の方法を自分なりにアレンジする方法から始めてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です