痩せ型のガリガリが毛深い理由は腕・足が細いから:筋トレ・体重増量をすれば体毛の悩みは消えます。

表面積あたりの毛の密度が濃いのは腕や足の細さに原因がある

  • ガリガリなのに毛深いので女子から気持ち悪いと思われるのが嫌だ。
  • 冬場は長袖で腕を隠せるからいいけど半袖になると腕の体毛が目立ってしまう。

そんな思いをした痩せ型は自分以外にもいるはずだ。

痩せ型なのに人一倍毛が濃い。これは痩せ型だから毛が濃くなってしまうんだろうかと悩んでいる人もいるのではないだろうか。

結論から言おう。痩せ型で毛深いのは、肌の表面積あたりの毛量が普通の人より多いからだ。

簡単に言うと、毛深く見えるのは腕や足に肉がついていないからなのだ。

普通の人と痩せ型の毛深い人では毛の密集度が違う。それ以上でもそれ以下でもない。毛の密集度が高ければ高いほど毛は濃く見えるのだ。

考えてみてほしい。自分の頭、腕、足を見た時にどの部位が一番黒いだろうか。

答えは間違いなく頭髪の生えている頭である。

人の体に生えている頭髪の数は10万〜11万本とも言われている。これはすね毛や腕毛の本数の比じゃない。

Blondes have an average of 150,000 hairs, the average redhead has 90,000. Those with black or brown hair average 110,000 to 100,000 hairs.

引用:Normal Hair Shedding | Bauman Medical Group – How many hairs are there on the human head?

毛が濃く見えるのは、同じ面積あたりに生えている毛の量が多いからだ。

痩せ型の人の腕毛や足毛にも全く同じことが言える。

今日はガリガリの毛が濃いと言われる理由について詳しく解説した後、その解決策を紹介していく。

痩せ型の体毛が濃い直接の理由は表面積

この記事を執筆するにあたって、いくつか他のメディアを見てみた。

そういったメディアには、痩せ型であることが毛が濃くなる原因であるといったような記述がされていたが、これは間違いである。

痩せ型だから毛深くなることはない。

痩せ型だと毛深く見えるようになるというのが正しい解釈である。詳しく説明していく。

腕が細ければ細いだけ毛は密集して見える

標準体型のAさんと痩せ型のBさんがいたとしよう。2人とも毛の量は普通とする。

  • Aさん:標準体型
  • Bさん:痩せ型

2人の腕周りを比べると、Aさんの腕の方がBさんの腕より太い。それもそのはず。痩せ型は体に余分な脂肪も筋肉もついていないので皮膚の下にある肉の量も少なくなる。

2人の腕毛を見てみると、もともと同じ毛の量であっても腕の太さが違うとその分、痩せている方が毛が密集して見える

Bさんは太って腕を太くすればAさんと全く同じ普通の毛量なのに、痩せていることが原因で体毛が濃いように見えてしまっているのだ。

補足情報

腕の太さは人によって大きく変わる。

例えば、私が体重46kgだった頃の上腕二頭筋の腕周りは20cmあるかないかぐらいだったが、ウエイトアップした今は32〜33cmほどある。

腕の太さが1.5倍になっても毛の本数は毛穴の数によって決まっているため増えない。つまり、腕が太くなればその分、毛の濃さが薄くなるのだ。

足は太さによる毛の密度の違いが顕著に出る

  • すね毛が濃いから夏でも長ズボンを履いている、半ズボンで涼しい思いをしている人が羨ましい!

そういう経験を毛深い痩せ型は誰もがしているはず。実際自分もそうだった。

体育の授業は全員が半袖半ズボンにならないといけないので、細い足に剛毛というアンバランスさが辛かった

でも、すね毛に関しても腕と同じである。体重を増やして肉をつけるとそれだけ足の皮膚面積が広がるので、同じ毛量でも毛が薄くなって見える。

結局は毛量の違いではなく、密集度の問題なのである。

筋トレをして毛深さの悩みは消えた

私も昔は腕毛やすね毛ばかり伸びるので、「毛にいく栄養を他の部分にまわしてくれ!」と願ったりしたものだが、行動をしないと何も変わらない。

私にとっての大きな転機は筋トレ・体重増量を始めたことだった。

次の記事で書いているように、馬鹿にされたくないという理由から手探りで始めた筋トレのおかげで今となっては標準体型の64kgまで体重を増やせた。

【肉体改造】太るために必要なカロリー量と三大栄養素のグラム数を正確に知ろう

当時の画像と今の画像

当時の画像と今の画像を見比べるとこんな感じ。

増量を始める前の体重47キロの頃の写真(2016年)

増量を始める前の体重47キロの頃の写真(2016年)

増量後に余分な脂肪を落とした体重60キロの頃の写真(2019年)

増量後に余分な脂肪を落とした体重60キロの頃の写真(2019年)

これだけ腕の太さが違うのなら、毛深さが薄くなるのも当然と誰もが思うだろう。

実際に、体重を増やしてから私は毛深さで悩むことがなくなった。そして昔の自分が思っていたほど剛毛ではないことにも気づけた。

私が体毛の濃さで悩んでいたのは痩せていることによって毛が密集して見えていたからなのだ。

実際に毛の本数が人より数倍多いというよりは、ただ密集して見えていただけだった。

筋トレをして標準体型になると本来の姿に気づける

思い返せばかつての痩せていた自分はガリガリの期間が長かったので、40キロ台の自分が本来の自分の力だと思っていた。

でも筋トレと体重アップを始めてからそうではないことがわかった。今回の件で自分はそれほど毛深くないことが分かったし、以前別の記事で紹介したように体力がないのも単純に栄養が足りていないせいだった。

経験者は語る…痩せ型だから疲れやすいは間違い!栄養不足だから体重が増えずに疲労感を感じやすいのだ。

筋トレで健康的に体重を増やせば、本来の自分が持つパワーをフルに使える体を手に入れられるのだ。

毎年夏の半袖シーズンが来るたびに憂鬱になることはもうなくなった

まとめ:体毛が濃い悩みは体重アップで解決できる

こんな簡単な方法はないと思う。たしかに脱毛サロンに通って毛の量を減らしたり、抑制することはできる

でも、筋トレをしてしまえば腕が太くなって馬鹿にされることが減るうえに、毛深い悩みも解消できるのだ。

それに筋トレ・体重アップはやり方を知っていれば誰にだってできる。こ

れまで体重増量に挑戦して失敗した人は昔の自分のように正しい効果的なやり方を知らないからできなかっただけなのだ。

このサイト、やせ型ドットコムには自分が実際に経験した増量方法やおすすめの食べ物などをまとめているので、昔の自分と同じ悩みを抱えているあなたのような人にはぜひ参考にしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です