就活面接で痩せ型のガリガリが不利な理由:第一印象の悪さを改善するにはスーツ買い替えと食事改善

見た目のせいで就活がうまくいかない。痩せている体型が理由で面接を落とされている気がする。

こんな不安がある就活生は意外と多い。事実、痩せ型であることは面接時での高評価にはならない。

痩せている=健康的と言われるのは世間一般のイメージでしかなく、実利ベースで合理性を持って動いている会社組織では標準体型と剥離した体型はそれが肥満であれ、痩せ型であれリスク要因とされる。

言い換えるなら、痩せ型は面接でマイナスポイントと十分なりうるということだ。では、なぜ痩せている体型だと面接官からの評価が厳しいのか。その理由を健康面でのリスク、組織制でのリスク、新卒採用の位置付け。これら3点から説明していく。

その後に実際問題として、やせ型が今後控える面接に臨む際にどう対策したらいいのか、いくつかのテクニックを紹介する。

痩せ型がリスク要因とされる理由

新卒採用において一芸で採用されるのはごく一部の特異な能力を持った人。その他大勢は会社組織を維持・発展させる時に貢献できるかどうかで評価される。

そのため、会社組織は新卒採用においてリスク要因を排除することに努める。当たり前だ。営利企業である会社組織は能力の高さ、将来性、発想の柔らかさ、見た目の華やかさなどにプラスの評価を与えて、反対に能力の低さ、頭の硬さ、見た目の悪さにマイナス評価を与える。

この中で”見た目”が想像以上に大きな役割を果たしているから痩せ型は落ちやすい。その理由を3つのポイントに分けて詳しく解説する。

健康面でのリスク:体調が悪そうに見える

印象が悪い最大の理由は健康面でのリスク。痩せ型の人は自覚しているように体調を崩しやすい。事実、痩せ型の死亡リスクが普通の人よりも1.2倍から1.7倍ほど高いことは研究で証明されている。痩せ型は肥満と同様に健康リスクの高い体型なのだ。

痩せ型の死亡リスクは肥満体型より高い事実:30万人以上を調査した日本とスイスの統計結果で低BMIのリスクが明らかになっています。

新卒就活というのは余程のことがない限り定年まで勤め上げることを前提としたシステム。定年退職が60歳から65歳に移行しつつあるように20代前半で採用された雇用者は数十年は働き続ける前提での契約となる。

こうした背景がある以上、雇用主としては健康な体、体調を崩すことの少ない人を採用するインセンティブが働く。病弱の可能性がある人と体育会系で体力が証明されている人なら体育会系を選ぶのは当たり前だ。

協調性でのリスク:コミュ力が低そうに見える

初めてあった人としばらくして親しくなった時に、「最初は怖い人だと思ってた」と言われたことはないだろうか。全員とは言わないが、体重が普通より軽いと全身の脂肪も少ないので頬がこけていたり、神経質に見られたりする。

痩せていて元気がなさそうな人=周囲との間に壁を作る可能性がある。簡単に言えばコミュ力が低い人。数回しか顔を合わせない面接官にとってはあなたと親しくなる機会もないため、コミュニケーション能力が低いと烙印を押される可能性がある。

面接での応対でそうではないことを証明できれば別だ。しかし、あなたが普段からグループの中心にいて周囲に話題を振るようなタイプでない限り、難しい。何よりこれまでも何十人、何百人の就活生を見てきている面接官からすれば”痩せ型で文化系の男子”はこんなイメージといったように、見た目だけでパターン化されてしまっているのだ。

新卒採用枠でのリスク:求められている人材像と違って見られる

企業において新卒採用というのは将来の幹部候補を選定する第一段階となる。即戦力として力量を認められて採用される中途採用や、現場での活躍が期待される中卒・高卒ルートからの入社と大卒・院卒・専門学校卒の新卒採用は根本的に求められる人材が異なる。

新卒採用は長い目で見れば、管理職を選抜するための最初のステップなのだ。管理職というのは会社の中の一つの部署のトップ。その地位に就くものが自身の体調不良で欠席続きや、社外との対外的な場面が多くなる中で会社としての威厳を示さなくてはいけない。見た目が貧相で病弱に見られる痩せ型の若者にその立場を将来期待できるのか。

採用側はこう考えて志願者を吟味していく。

実際は元気なのに痩せている見た目だけで評価されるのには納得がいかない

ここまで書かれている、体調が悪そう、コミュ力がなさそう、見た目が貧弱そうなど、全部〇〇そうに見えるだけで自分は元気だ。体調には問題ない。

いくら本人がそう主張したところで採用側にあなたの気持ちは届かない。第一印象というのはあなたの内面を見るものではないのだ。痩せていて元気がなさそうな志願者が目の前に座っているだけで大方の評価はつく。

もちろん大事なのは内面。見た目だけで仕事ができるかどうかは分からない。

確かにそうだ。でも、もしあなたが面接官だったら標準体型と痩せ型の同じ点数の人のどちらを取るだろうか。雇用する側なら当然リスクの少ない方を取る。会社は遊びではないのだ。経済的合理性を常に求めながら組織の維持と改編を行っている。

パターンを知っている会社はリスクを避ける

面接時にリスクとなりうる体型、最初に見られる印象にすら気を遣えていない人にこれから数十年間仕事が務まるだろうか。こう考えるのも至極当然だ。

見た目が原因で落とされている実感のある人は圧倒的に採用者側の視点が足りていない。美人モデルと一般人があなたの前に現れた時、あなたがどちらと話したいか考えてみれば当然のことだろう。

痩せ型が原因で面接を落とされないようにする対策法

痩せ型の人は見た目のせいで落とされる。

でも逆に言えば見た目を変えれば落とされることは少なくなるということ。ここからは痩せ型の人がどうすれば面接時にリスクを減らせるか。テクニックと根本的対策を共有する。

スーツはセミオーダーにすべき

痩せ型がなぜ痩せ型に見られるか。それは服とのバランス。スーツとの相性によるものが9割だ。まさかスーツのAOKIで買えるような格安の既製品を適当に選んでその服で面接に行っていないだろうか。既製品で痩せ型に合うようなものはほとんどない。

4月や5月ごろ、まだ入学間もない高校1年男子がブカブカの学ランを着ている姿を目にしたことがあるはずだ。

痩せ型の就活スーツもあれと同じだ。自分のサイズに合っていない痩せ型はスーツに着られているようなもの。

フルオーダーにしなくてもいいので、せめてセミオーダータイプのスーツにするべきだ。肩幅から袖口まで人によってサイズが違うのだから既製品でピッタリなものはなかなかない。

細かいポイント改善で加点を重ねる

同じような理由で改善できる見た目は少しずつ変えていく。

髪型、顔まわり、手元など変えられるところは山ほどある。小さな改善を重ねて総合点を高めていくのだ。面接官から不合格の烙印を押されるボーダーラインを上回れるように直せるところは改善する。

体重を短期間で増やす

就活シーズンは長い人で夏ごろまで続く。それまで数ヶ月あれば余裕で太ることは可能だし、2週間、3週間のような短期間で体重を増やすことも十分できる。大事なのはやり方次第だ。正しいやり方を知った上で適切な努力をすれば解決できる。

痩せ型が急に太ることは可能か?2年かけて18kg増えた増量経験者が答える。

痩せ型の太り方についてはこのサイト内でも触れているのでそちらに目を通してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です