少食が増量したいならダーティーバルク以外オススメできない理由

カロリーをたくさん取れば太れることは分かっていても、ご飯やパンなどヘルシーな食事だけだとどうしても2500kcalや3000kcalに到達しない。たしかにクリーンバルクと言われるような健康的な食材だけでカロリーを摂取するというのは難しい。

かといってファストフードのハンバーガーやポテトフライのような脂が多い食事、つまりダーティーバルクばかりをしていては胃がもたれるし辛い。しかもダーティーバルクで増やした脂肪は減量期に落ちにくいと聞くので大丈夫だろうか。

そんな悩みを持っていて思うように太れない人も多くいるのではないだろうか。

個人的な意見を言うのであれば、何も食べない・量を食べれないぐらいだったら、ファストフードでも何でも、とにかくカロリーを摂取しやすい食事を行うことが第一だと思う。

ダーティー・クリーン・リーンといったバルクアップの食材選び以前に、目標カロリーをコンスタントに毎日上回るような食事が大前提なので、どの方法を取る以前にどの方法が自分にとって実現可能か、さらにいうなら簡単かに焦点を当てた方がいい。

とはいっても、脂の多い食事が苦手という人もいると思うので、今回は痩せ型で少食タイプの人がバルクアップを行う際にダーティーバルクを選択する利点や、おすすめの食材・食事方法について話していく。

ダーティーバルクやファストフードだからといって食べる時間や食べ方次第では胃腸の不調を回避することも十分可能なのでまずはいくつか試してほしい。

失敗しにくい方法を選ぶことが最重要

バルクアップでも、仕事でも資格試験でも一番大事なのは継続だ。どんなに効率の良いアウトプットができてもそれが継続できなければ意味がないという主張に異論はないと思う。

継続するためにどうするかというと、必要なのは失敗のタネを摘むこと。無理に継続難易度の高いものを始めても三日坊主で終わってしまうのはこのためだ。

最初に自己ルールを厳しくすればするほど、そのルールの継続的な実現が難しくなり、計画は破綻する。

バルクアップが目標なのであれば、これはなおさら重要だ。決まった時間に鶏肉とご飯を何百グラムずつ食べ続けるというようなレベルの高い習慣は1日、2日では習慣化できない。

それこそプロのボディビルダーやフィジーカーが実践しているような増量・減量法である。あなたが増量や筋トレ初心者なのであれば、いきなりクリーン・リーンバルクを続けるのは難しい。

それは英語を全然知らない人がいきなり英語検定1級や準1級を受けるようなものなので、初心者であるならば、まずは難易度の低い増量法から挑戦するのは至極当然なのだ。

一番失敗しにくいのはダーティーバルク

バルクアップ方法の中でもっとも太りやすい=体重を増やしやすいのは間違いなくダーティーバルク。

好きなものを食べてもいい、あるいはPFCバランスに重きをおくのではなく、脂質やカロリーの高い食べ物をドンドン食べる。こういった食事方法に痩せ型少食は抵抗感があるかもしれない。

それも当然だ。あなたが痩せ型であるという事実は、これまであまり積極的にカロリーの高い食事をしてきていなかったことの表れなので、きつい人もいるかもしれない。

でも、一番失敗しにくいのはダーティーバルクだ。栄養バランスやプロテイン、BCAA、サプリメントを選ぶ以前に単純な基本原理として、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば体重は増える。

ダーティーバルクで増えた脂肪は減りにくい?

痩せ型で少食だけど太りたいという人にダーティーバルクをすすめると、「ダーティーバルクで増やした脂肪は減らしくいそうなのでクリーンバルクをやろうと思います」と返事をする人がいる。

たしかにPFCバランスを考慮せずに脂質ばかり食べて効果的な筋トレをそいえちなければ、筋肉がつかずに脂肪だけ増えてしまうこともあるだろう。ただし、ダーティーバルクは何も脂質だけを食べている増量法ではない。

例えばチェーン店代表としてマクドナルドの栄養情報を見てもらえれば分かるが、食品に含まれているのは脂質ばかりではなく、ちゃんとたんぱく質も炭水化物も含まれている。これに追加でプロテインでも飲んでいれば栄養面で問題はほとんど起こらない。

そもそも痩せ型はダーティーバルクぐらいしないと太れない

というより、あなたがこれまで太った経験のない痩せ型なのであれば、普通の増量法ぐらいではしっかりカロリー管理をしないと体重を増やすことはできない。

自分の過去を振り返るとよく分かるが、痩せ型少食は自然とカロリーの低いものを選ぶような食習慣になっているので、あえて普段と違うものを食べようとしない限り太れない。

クリーンバルクをしようとしたところで、摂取カロリーが消費カロリーを上回れずに、お金だけかかって太ることができないなんて羽目になってしまう人もいる。

まとめると、

「ダーティーバルクは脂肪がつくのでもっと健康的に太りたい」

というような人がいるなら、

  • ダーティーバルクは脂質だけを取るわけではないし、脂っこいものを食べまくるわけではない
  • 健康的とされるクリーンな食事で必要カロリーに到達するには食事量の大幅な増加が必須
  • まず痩せ型はダーティーバルクをするぐらいの気持ちではないと太れない

こんな意見から、自分ならまずダーティーバルクを始めるようにすすめるだろう。

バルクアップで脂肪がついても元々少食なら問題なし

さらに言うなら、もともとが少食の痩せ型であれば、バルクアップ期に多少脂肪がついたところで、減量期はそれほど難しくないので大丈夫。

自分がそうだったように、痩せ型の少食から標準体型以上の体重・体格になったとしても劇的に食欲が増進して大食いできるようになるわけではない。

油断してしまうと簡単に体重は落ちてしまうような仕組みなので、これを活かせば一般的に辛いと言われる減量期も元少食ならそれほどきつくない。

食事量は自分が考える普段の量にして、たんぱく質は多め、筋トレは欠かさない、この3ポイントを守れば筋肉を極力維持した状態で脂肪量を減らせるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です