【経験談】ガリガリな身体が原因で海外で危ない思いをした話:身体を鍛えるのは自己防衛策として必要

日本は住むのに平和な国だ。痩せ型やガリガリだという体格の貧弱さで犯罪のターゲットにされることが少ない。

自分は身長も平均以下、体重も昔は40キロ台だったザ・痩せ型だが、人が多い街に行っても、治安が悪いと言われるような地域に行ってもそれが原因で犯罪に巻き込まれたことはない。

これが日本全土でほとんど同じことが言えるのだから、この国の治安はすごい。今回は自分がヨーロッパのある国に住んでいた時に受けた差別や危険な経験を元に、海外において痩せ型やガリガリという体型がどれだけターゲットとして狙われやすいかを自身の経験から話していく。

結論から言うと、海外に滞在するなら自己防衛としてガリガリは避けたほうがいい。治安が悪いとされる国ならなおさらだ。

チビで痩せな日本人は格好の獲物

日本人の平均身長は男性で172cmほど。ヨーロッパで暮らしていると、周りの男性はかなり大きく感じる。これは単純に身長が高いだけでなく、体の分厚さからして違う。よく海外の人と交流のある人なら分かると思う。

本来、人の体格はその人の個性でもあるわけで、普通の教養がある人からすれば人の身長や体重なんて関係ない。大事なのは中身だ。いわゆる”キレイな世界”では、こう言われている。

でも、現実はそうではない。現実は”キレイな世界”の住人ではない人も数多くいる。その中の一集団が体格の小さい、抵抗力の低い人を見定めてターゲットとして狙うのだ。

スリにあった話:複数の男たちに囲まれて

実際に被害にあったこともある。夜の駅前で複数人の男たちに囲まれてカツアゲのようなスリをされた経験だ。彼らは容赦ない。自分のような小さく無抵抗そうなアジア人を見つけたら集団の力で犯行に及ぶ

抵抗できるすべもなく自分は財布を盗まれた。傷を負わなかっただけマシだろう。実際に海外に住んでいるとこんな事件はざらにある。自分も翌日に警察署まで行って拙い現地語で警察官に被害を訴えたが、もちろん財布が帰ってくることはなかった。

そして、これは自分だけが体験した特別な話ではなく、ある程度規模が大きい国際都市であれば、普通にある話だ。夜に一人で出歩かないほうがいいとはよく言われるが、狙われやすい痩せ型のような体質の場合、危険なのは夜だけではない。

背後から近づいたバイクにリュックを盗まれかける

これは日中のできごと。結論から言うと、この時はリュックを盗まれずに済んだのだが、確実に跡をつけられていた。当時は一人でリュックを背負って歩道を歩いていた。

背後に気配を感じるなと思い後ろを振り返るとバイクに乗った盗人が間近に近づいていた。とっさにそこから走って離れたことで事なきを得たが、狙いやすい細身のアジア人が一人で歩いているということで以前からつけられていたのだろう。

小柄のアジア系が狙われやすい理由

痩せ型だったり、ガリガリだったりと小柄のアジア系は特に狙われやすい。これは相手の立場からしても当然だ。屈強な男が数人で歩いているのなら集団で襲わないと成果は得られないが、力のなさそうな細身で低身長のアジア人が一人で歩いていればこんなにいいターゲットはいない。

アジア人は現金を持ち歩きやすく、被害にあっても現地語が喋れないので被害届を出しにくい。これで体格が貧弱かつ単独行動をしていたらロイヤルストレートフラッシュ。

狙われる条件がすべて揃っているのだ。

そんな場所には行かないほうがいい。それは分かっている。でも、狙われる場所は危険地区と呼ばれる場所にとどまらない。自分だってかなり注意しているほうだったし、何より旅行ではなく現地在住で軽装だったにも関わらずこうして複数回被害にあっているのだ。

では、特にターゲティングされやすい痩せ型で小柄な日本人。自分のような人が海外旅行や海外駐在中に取れる対策を考えていく。

痩せ型の対策は厚着か肉体改造

スリなどの犯罪に合わないための方法として、「海外に行かない」以外の選択肢があるなら、それは服を工夫するか、身体を物理的に大きくするしかない。

服を変えるのは手っ取り早い方法だ。身長の低さはどうにもならないが、背が平均以上にあるのであれば、タイトな服を着るよりもシルエットを大きくするような服を選べば見た目はだいぶマシになる。

犯罪者たちは体を直接触ってきてあなたの体格を判断するのではない。最初は遠目に見て、狙えそうだなと思ったら近づいて犯行に及ぶのだ。第一段階として反撃されそうな大きな体格だなと思ってもらえれば、そもそもターゲットにされない。

筋トレをして痩せ型を脱出する

出国するまでに時間があるのなら、服選びに加えて肉体改造をして根本から見た目を変えることも可能だ。これまでの人生で一度も太ったことがない生粋の痩せ型でもやり方次第で太ることはできる。

自分がまさにそのパターンだった。自己流で太ろうとしても数日で効果が見えずに諦めてしまう。でも正しい知識を持って1週間、2週間と継続できれば結果は出てくる。体質だと思い込んでいる痩せ型も多くの場合、実際はただのカロリー収支マイナスに過ぎない。

短期間での太り方は他の記事で詳しく書いているのでそちらを参照してほしい。

まとめ:見た目を強くすることで狙われずに済む

以上、痩せ型が海外で犯罪のターゲットとされないための方法を体験談を踏まえて書いてきた。

正直、日本人はかなり鴨にされている。その一因がターゲットとされやすい体格によるものなのだとしたら、ここを改善するだけで海外滞在はもっと気楽になるはずだ。

このページを参考に出国前の対策としてもらえれば嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です